※一部地域を除き全品送料無料でお届けいたします。
  友だち追加

【2024年版】液晶テレビ選びで失敗しない為のポイント

液晶テレビ選びで失敗しない為のポイント

最近の液晶テレビは、種類や機能が豊富な為、選ぶ基準が分からない方がいるかと思います。
「自分の生活に合ったテレビの選び方を知りたい」「新しく買い替えるテレビの失敗したくない」というお悩みを持つ方の為に、役立つ情報をまとめました。
FFF SMART LIFE CONNECTED株式会社が展開するIRIEシリーズは、
画面サイズはもちろん機能面にも特化したモデルが多数展開されていますので、おすすめモデルとあわせてご紹介します。

 

■テレビを選ぶ時のポイント

  • 画面サイズ


テレビを選ぶ方でもっとも迷いやすいポイントです。

そこで参考にしてほしい表が以下の視聴距離と画面サイズの目安一覧です。

モニターサイズ 視聴距離(4K)  視聴距離(フルHD)

24サイズ

- 1.1メートル

32サイズ

- 1.4メートル

40サイズ

- 1.7メートル

43サイズ

0.9メートル -
50サイズ 1.06メートル -

 

  • 解像度

解像度とは、画面の細かさ(密度)を表す数字で、数字が大きいほど繊細で美しい映像が表現ができます。

解像度は画面の1インチ(2.54㎝)あたりにどれくらいの画素(別名でピクセルとも言い、画像全体を構成する最小単位)が、

どれぐらい含まれているかを示しており、横方向の画素数と縦方向の画素数のかけ算で表します。

例えば、テレビの説明書などに「解像度:1280×720」と書いてある場合、

横が1280まで縦が720までの解像度なら映すことができるという意味です。

そして、この数値が大きいほど画面の中の点が細かくなるため「解像度が高い」という表現をします。

 

 テレビでよく見かける解像度と名称は以下の3種類です。

 

■ハイビジョン(HD):1,280×720

■フルHD:1,920×1,080

■4K:3,840×2,160

 

解像度の高い順番に並べると4K・フルHD・ハイビジョンとなり、

テレビを検討する上でポイントとなります。

 

【解像度が高いとどんなメリットがある?】


▼高画質な映像を楽しめる


一般的に、解像度が高いテレビほど高精細に映像を楽しむことができます。

4KテレビではフルHDに比べて約4倍の画素数があるため、立体的に感じられ、より臨場感のある映像を体感できると言われています。

ただし、この解像度の高さは、同じく高解像度の映像を視聴する場合に意味があります。

そのため、地上波放送しか視聴しないのに4Kテレビを購入しても、それほど違いは感じることはないかもしれません。

また、解像度が高いテレビほど高額になるため、電気代も高くなるデメリットがあります。

そのため、ご自身の用途に合わせてテレビの解像度を選択してください。

▼目が疲れにくい

テレビの解像度が高いと、より鮮明に見えるため目が疲れにくくなるというメリットがあります。

例えばテレビでスポーツ観戦をするとき、荒い画質で激しい動きを見るとぼやけるため目が疲れやすくなるデメリットがあります。

この点、テレビの画面が大きく、解像度が高ければ映像がクリアになるため速い動きの映像でも比較的疲れにくいと言われています。

 

  • 録画機能

外付けHDDに対応しているテレビモデルは、外付けHDDをUSBで接続することでレコーダーを使わなくてもテレビ番組を録画することができます。

テレビ番組を手軽に録画したい方セカンドテレビを探している方におすすめの機能です。

ただし、外付けHDDで録画する方法はレコーダーと比較すると機能面では劣るため、高性能な録画機能を必要とする場合はレコーダーとの併用を検討しましょう。

【まとめ】

テレビの選び方のポイントは、使い方にあわせて以下の3つの項目を確認することです。

  • 画面サイズ
  • 解像度
  • 録画機機能

当店で取り扱うIRIEシリーズではお客様の用途に合わせてサイズ・解像度の違いがあるモデルを多数取り扱い中です。さらにより細かな要望に合わせてホワイトフレームモデルやGoogleTV(ネット配信動画視聴可能)など種類豊富に取り扱っています。ぜひ下記バナーからチェックしてみてください。

 ブラックフレーム

ホワイトフレーム

GoogleTV


© 2024 ICHIBAKAN, Powered by Shopify

    ログイン

    パスワードをお忘れですか?

    まだアカウントをお持ちでない場合は、
    アカウントを作成する