※一部地域を除き全品送料無料でお届けいたします。
  友だち追加

【初心者必見】SSDの失敗しない選び方

SSDの失敗しない選び方

SSDとは、Solid State Drive(ソリッド・ステート・ドライブ)の略で、

HDDと同じくデータを保存する「ストレージ」(外部記憶装置)です。

記録媒体に「NANDフラッシュメモリー」を採用しており、

HDDよりもデータの読み書きが速いのが特徴です。

ここでは、SSDを選びたい人に向けて、

役に立つポイントから機能・スペックの確認方法をご紹介。

自分の利用方法にピッタリな製品選びのために、是非チェックしていきましょう。

 目次

・SSDとは? HDDとの違い
・SSDの「規格サイズ」と「接続インターフェイス」
・知っておきたいポイント機能やスペックについて
・SSD使用機器
・当社おすすめのSSD

 

SSDは、HDDの代替デバイスとして登場した記憶装置です。

HDDは回転する円盤に磁気でデータを読み書きしていますが、

SSDUSBメモリーと同じように内蔵してあるメモリーチップにデータの読み書きを行います。

SSDは性能に優れており、HDDと比較して「動作音がしない」ことや「データ転送速度が高速」となっています。

これにより読み書き速度の速さや発熱、動作音の少ないという効果があります。また、衝撃に強く、サイズも小型化しやすいメリットもあります。

SSDの種類に、パソコン内部へ取り付ける「内蔵」タイプと、パソコンUSBポートに接続する「外付け」タイプがあります。

SSDの「規格サイズ」と「接続インターフェイス」

 SSDにはサイズやレイアウトを定めた「規格サイズ」があります。

主に「2.5インチ」と「M.2(エムドットツー)」がラインアップされてます。

「接続インターフェイス」はSSDとパソコンを接続する規格です。

主に「SATA」と「PCle」、「USB」接続があります。

どちらも使用する機器に適さないと取付不可なのでよく注意しましょう。

 

【規格サイズ】

2.5インチ

2.5インチは、デスクトップパソコンやノートパソコンに採用されることが多いタイプです。

SSDのなかでは汎用性が高く基本となる仕様です。

厚みは、9.5mm7mm2種類があります。HDD2.5インチSSDは互換性にも優れており、HDDから移行しやすいです。

  

M.2(エムドットツー)

マザーボード上のスロットに差し込み使用する接続規格「M.2(エムドットツー)」を採用したSSD

主にSATA接続とNVMe接続の2種類の製品があります。

また、M.2 SSDには、228022602242などのサイズがあります。

M.2 SSDでは主に「Type2280」が採用されています。

購入の際は搭載してあるマザーボードのスロット規格と同じサイズを選びましょう。

 

【接続インターフェイス】

 

SATA

SATAは「Serial ATA」の略称。

HDD2.5インチSSD、一部M.2 SSD、光学ドライブなどに使われている接続規格。

特徴として省電力性・排熱性が優れてます。

 

PCle

マザーボード拡張スロットの接続規格。

主にNVMe接続を使用する「M.2 SSD」に使用。

転送速度に優れており、「PCle3.0」と「PCle4.0」の2種類があります。

PCle4.0」は電力消費量や発熱量が多く、パフォーマンスの低下という点がありますが素早い処理が可能です。

 

 

 

USB接続

USBポートに有線で接続する規格です。

ケーブルを差し込むのみで簡単に接続できます。

外付けSSDがこの規格に当てはまります。

Gen1」や「Gen2」という名称がありますが、これは転送速度の違いを表してます。

Gen2」の方が「Gen1」よりも速度が速くなっています。

 「規格サイズ」と「接続インターフェイス」を紹介しました。

この他にも規格によっては様々な種類がありますので、

購入する際にはよくチェックしてから決めましょう。

例えば、M.2 SSDを接続するマザーボードのM.2スロットは、

基板やインターフェイスをよくチェックしましょう。

SATA」にのみ対応など、各機器の規格によっては取付不可なことがあります。

  

知っておきたいポイント・機能やスペックについて

 

「規格サイズ」や「接続インターフェイス」を確認できたら、自分の用途に適した製品を選びましょう。

注目したいのは容量やデータ転送速度、設置タイプです。

 

【容量】

目的が大量のデータ保存ではなく、ネット鑑賞や文章作成など、比較的軽めの作業には256GBで十分です。

ゲームの利用ならば512GB以上の外付けがオススメです。

ゲーミングPC増設には1TB以上が適してます。動画編集などのデータが大きくなる物も大容量で考えていきたいです。

HDDと比較して、容量次第で価格が高い印象のSSDですが、最近では差が縮まっています。

ラインアップも1TB2TB4TBと大容量が豊富なので、大容量で作業したい方にも選びやすくなっています。

 

【パフォーマンス】

転送速度は重要な点です。転送速度には読み込み速度と書き込み速度があり、「MB/s」という表記がされてます。大きい数値ほど高速で、短時間で大容量のデータ転送可能です。動画編集など大きいデータを扱うような作業なら転送速度は重視しましょう。

 

【設置タイプ】

SSDには搭載する「内蔵」タイプ。持ち運び便利な「外付け」タイプがあります。SSDは軽量で耐衝撃性が高く、外付けはそのメリットを活かせます。また、大容量の高速SSD「据置」タイプもあります。

 上記3つは抑えた方がいいです。

 

記録素子タイプ

SSDには、1つの記録素子にデータを書き込むビットによって4つの種類があります。

1ビットのデータ書き込みなら「SLC」(Single Level Cell

2ビットのデータで「MLC」(Multi Level Cell

3ビットのデータを書き込む「TLC」(Triple Level Cell

4ビットのデータを書き込む「QLC」(Quad Level Cell

ビットの数が大きくなるほど低単価になりますが耐久性は下がります。

また、3次元構造の「3D NAND」製品が人気です。

こちらはコストを抑えて大容量化、省電力にも優れております。

 

 

耐久性

耐久性を表す単語として

MTBF」(平均故障間隔)

TBW」(最大総書き込みバイト数)

DWPD」(1日あたりのドライブ書き込み数)

があります。

 

・「MTBF」(平均故障間隔)

故障するまでの平均的な間隔を表す単位。数値が大きいほど信頼性が上がります。寿命を表す数値ではないです。

 

・「TBW」(最大総書き込みバイト数)

SSDに書き込める上限サイズを表す単位。ここでいう上限サイズは書き込む回数を指標化したものです。

容量1TBSSDTBW」が500TBだとすると、「SSD容量の500倍にあたるデータを書き込むと、それ以上書き込めない」ことになります。

データ書き込みの回数によってSSDも劣化するので、この数値で寿命を図れるものです。上限を超えても使用用法によって書き込めることはできるのであくまで目安にしましょう。

 

DWPD」(1日あたりのドライブ書き込み数)

製品の動作保証期間内においてユーザーが1日にドライブへ書き込むことのできる回数(耐久性)を表す単位。

数値が大きいほど書き換え耐性に優れてますが、保証期間が長いほど「DWPD」は小さくなります。

 

 

NVMe

不揮発性メモリを使用したフラッシュストレージのために最適化された通信プロトコル(異なるデバイスが通信する際の手順やルールのこと)を指します。従来の通信プロトコルであるAHCIよりもデータの読み書き速度が速いものとなっています。

 

 

ヒートシンク

SSDには発熱による性能低下を防ぎ故障のリスクを下げるヒートシンクがあります。スペックによっては放熱が高くなるSSDを冷却によって冷やすことで故障を防ぐものです。最初から搭載のものもあれば、別売りのヒートシンクシールで取り付ける物もあります。長く使用したいならこちらも視野に入れた方がいいですね。

 

また、SSDにも寿命があり、一般的に5年といわれてます。使用して5年経ち始めたらバックアップや買い替えなど検討しましょう。

  

SSD使用機器

 

ここまで記載したようにSSDはパソコン、PS4PS5等のゲーム機に搭載できます。

 

自分の用途に合わせて容量や規格、内臓タイプか外付けを選びましょう。

規格やインターフェイスによっては取付不可な場合があるので注意しましょう。

取り付ける製品に適したSSDか調べるには公式サイトに記載されてる情報を参考にしましょう。

 

当社おすすめのSSD

最後に当社のSSDを紹介します。

 

こちらは2TBのアルミ製のヒートシンク搭載のSSDです。

安心の5年保証となっております。

 

 

 

こちらは2TBの熱伝導シート搭載となっております。

銅製のシートとなっており、アルミ製よりも優れた放熱性です。

こちらも安心の5年保証です。

 

 

 

 M.2のSATA 1TBSSDです。こちらは3年保証です。

 

 

 

 外付けSSDUSB3.2(Gen2)です。

 

 

 

 

外付けSSDUSB3.2(Gen1)です。

以上となります。

この記事を参考にして好みのSSDを見つけましょう。


© 2024 ICHIBAKAN, Powered by Shopify

    ログイン

    パスワードをお忘れですか?

    まだアカウントをお持ちでない場合は、
    アカウントを作成する